*

家庭用ワインセラーを選ぶ際のポイント

家庭用ワインセラーを選ぶ際の基本的なポイントをあげておきます。
是非、ご参考にしてみてください!

 

■家庭用ワインセラーを置く場所をチェックする。

家庭用のワインセラーは1本用の省スペースなものから、100本以上のタワー型の大きなものまであります。まずは、家庭のどこに設置するのか?決める事が先決です。

目安は、

1本用→40㎝✕10㎝

6本用〜12本用→60㎝〜70㎝四方

100本以上→70㎝✕70㎝✕150㎝程度の高さが必要となります。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://onerank-up.net/wineceller/sizeproice/

■コンセントとワインセラーの位置を把握する。

実は、部屋をすっきり見せる為には、この要素も重要なポイントです。ワインセラーを設置したために、コンセントからの電源が、ずっとワインセラーまで伸びているという光景は、絶対にカッコ良いものではありません。電源確保の位置もしっかりと頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

■家庭用ワインセラーの放熱スペースを注意する。

家庭用ワインセラーの多くの機種は、放熱スペースとして、背面と左右(上も必要な機種もあります)に5〜10㎝程度、壁から離して設置する必要がありますので、設置スペースより一回り小さなサイズのワインセラーを購入する必要があります。なお、左右にスペースがない場所に設置するのであれば、ビルトイン対応の家庭用ワインセラーがお勧めです。それは、このタイプは前面に吸排気がついているため、左右背面に放熱スペースをとる必要がない為です。

 

■一般的な少なめにワインを収納するのがコツ

良く冷蔵庫でも、パンパンにモノを詰めると冷蔵が効かないと言われている通り、家庭用ワインセラーも同様で、パンパンにモノを詰めない方が良いとされています。つまり、16本用の家庭ワインセラーに、常に16本詰めている状態は、あまり好ましくないという状況の様です。

 

■少し大き目の家庭用ワインセラーを購入した方が良い。

経験上、多くの方が、「もう少し大きめのワインセラーを買っておけば良かった」と買い替える傾向にあるという話しは良く聞きます。

買い替えるとなると、一度使用していた家庭用ワインセラーの処分にも困る事になります。そう考えるならば、自分が考えていたワインセラーよりも、少し大きめのものを購入しておいた方が無難なのかも知れません。当然、予算やスペースの関係もありますので、一概には言えないと思いますが。

また、最初は小さなユニットのものを選んで、ワインが増えてきたら、小型のユニットを必要な部分だけ買い足すタイプのものもお勧めです。適時、継ぎ足したい方は、こちらのタイプを検討されては如何でしょうか。

その辺が、家庭用ワインセラーを選ぶ際のポイントとなります。

 

具体的に家庭用ワインセラーを選ぶなら、皆が認めたAmazonランキングのページへ。

NewImage.png
そもそも自宅でワインを保存する場所は?冷蔵庫?

ワインクーラーを購入を検討している方が、このページに訪れると思われ...

NewImage.png
ワインセラーは、格安のモノでも良いのだろうか?

ワインセラーの購入を考えている方で、中国産のオークションで1万...

NewImage.png
家庭用ワインセラーAmazonランキング2013年度版

2013年10月2日現在のAmazonにおける家庭用ワインセラ...

NewImage.png
家庭用ワインセラーの電気代は?

家庭用ワインセラーの電気代はいくらかかるのか? 専門サイ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑